年間の自動車保険はいくらかかっている?

自動車保険は年間にいくらの自動車保険料を支払っているでしょうか?自動車を購入するとほとんどの人が自賠責だけでなく任意保険に加入します。その保険料は年齢や運転者の制限、また走行距離など様々な条件によって異なります。

私も最初に加入した保険は会社の進める損害保険にそのまま入って年間約10万円の高い保険料を払い続けていましたが、ある時車の買い換えで他の保険会社では保険料がいくらになるのか見積をしたところ、4割ほど安くなり本当に驚きました。

自動車保険料が安くなるコツ

各自動車保険会社によって保険料算出のための条件はや方法は異なるようですが、最近ではインターネットを利用した販売方法が定着してきており、一昔前に加入した保険を継続しているなら一度見直した方が良いかもしれません。

自動車保険料を安くすませるコツは、家族限定、運転者年齢制限などの制限を厳しくすることが安くなる大きなポイントですが、それ以外にもインターネット割引、早期契約割引、複数契約割引など保険会社独自の割引制もありますから、いろいろな自動車保険会社に見積を請求して比較するのが自動車保険料を安くする最大のコツといえます。

自動車保険料が安くても保証が心配

単に安い自動車保険であれば対人、対物、搭乗者保険など補償金額を下げれば安くなりますが、それでは安心を求める保険に対して意味がなくなります。

各保険会社は運転者の年齢制限、自動車走行距離、免許書の種別(色)、車両保険であれば車種や排気量、使用年数など、様々な事故に遭う可能性や条件を細分化した上で保険料を決めていますので、自分が最低限必要とする保証を明確にすることで、必要な保証も付いている自分に最適な、安心できる安い自動車保険になるわけです。

保険会社を選ぶもう一つの重要ポイント

保険に入る一番の目的は保険料を安くすることではありません。事故を起こしたときに迅速に適切な処理をしてくれる事も重要なポイントです。

現在ではほとんどの各保険会社が24時間体制で電話サポートをしてくれます。そしてレッカーサービスや宿泊、運搬サービス、ガソリン補給サービスなど各社の条件が少しずつ異なりますので、まずは自分に必要なサービス内容を見極めます

そしてそのサービス内容を各社で比較するのは一括見積を利用すると便利です。見積りは無料で簡単です。自分に最適な安い自動車保険を見つけるためにも一括見積で比較することをおすすめします。
一括見積時にはお手元に免許証、車検証、現在の保険証書を用意しておきましょう!

一括見積で年間の保険料が数千円〜数万円安くなる!

一括で見積をすると、一括見積時に登録したメールアドレスへすぐに結果が送られてきたり、結果が郵送されてきたりします。

<<実はここからが重要!>>
一括見積をしたときに送られてくる各保険会社の見積は詳細条件が全て同一ではない事が多いです。これは基本条件が同じでも最初から特約が付加されていたり、割引条件が異なっていたりするからです。ですから各社の詳細条件を同じような条件に変更して比較が必要です。
一括見積時に現在の保険証書を元に詳細条件を入力していくことをおすすめします。

送られてきたメールや郵送されてきた資料に詳細見積をするためのログインIDやパスワードが記載されていますから、各社のページにログインし、現在契約している保険会社の証書と同様の条件を入力して結果を比較していきます。

このように比較して自動車保険を見直すことで、同様な条件の保険でも年間の保険料が数千円〜数万円安い保険を見つける事が出来ます。複数年の支払いを考慮すると、すぐに大きな金額の違いになってしまいます。安い自動車保険を契約して節約するためにもじっくりと比較検討を行うことをおすすめします。

わからないことは保険会社に電話で問い合わせて徹底的に比較し、安い自動車保険を見つけましょう。


自動車保険一括見積へ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Copyright (C) 2009 安い自動車保険へ見直し〜おすすめの自動車保険会社の簡単な選び方. All Rights Reserved.